ゆーなかブログ

理学療法士1年目になります。ブログを通じてインプットした知識をアウトプットしていきたいと思います!

BUN /クレアチニン比について

BUN(尿素窒素)とクレアチニンの比について BUN(尿素窒素) 基準値8〜21mg/dl 蛋白質がアミノ酸に代謝分解されるとアンモニア(NH3)が産生される。アンモニアは人体にとって毒性が強いため、肝臓で尿素に再構成される。その尿素は腎臓を介して排泄される。…

Kager’s fat pad(KFP)について

Kager’s fat pad(KFP)について Kager’s fat pad(KFP)は、アキレス腱と長母趾屈筋腱と踵骨に挟まれた三角形の空間に存在する脂肪組織である。この脂肪組織は①アキレス腱関連領域、②長母趾屈筋関連領域、③踵骨滑液包ウェッジの3つに分けられる。 それぞれ…

距骨下関節とショパール関節の関係性

距骨下関節とショパール関節の関係性 引用文献:ペリー歩行分析 距骨下関節 回外位 中間位 回内位 後足部肢位 内反位 中間位 外反位 足部剛性 増加 低下 距骨下関節の肢位によってショパール関節を構成する距舟関節の関節面、踵立方関節の関節面の位置関係も…

内側縦アーチの支持機構について

内側縦アーチの支持機構について 踵骨、距骨、舟状骨、3個の楔状骨、第1〜3中足骨からなり、距骨下関節、距舟関節、リスフラン関節を構成する。内側縦アーチは、外側アーチよりも高く、頂点は舟状骨となる。 静的支持機構 参考文献:laquinto JM,et al:Comp…

腸脛靭帯(ITT)遠位部の解剖学的構造

腸脛靱帯(ITT)について 腸脛靭帯(ITT)は、大腿筋膜から起こり、大腿筋膜張筋と大殿筋の付着により肥厚しており、脛骨外側部(Gerdy結節)に付着する。 大腿筋膜張筋の張力を停止部の脛骨外側部(Gerdy結節)に伝え、伸展された膝関節の安定性補助となりう…

yuunakaブログへようこそ!!

はじめまして! 今年の4月から理学療法士になるyuunakaと申します! 当ブログの目的は、 ①療法士学生向けの知識 ②医療職の方向けの知識 ③読書などを通じて得た知識 を中心に発信していくつもりです。 ①療法士学生向けの知識は、私が学生時代に疑問に思ったこ…